アクセスがいいエリアで一戸建てを購入しよう

積み木

工事費の内訳をチェック

ハウス

工事費を調整する

中野区で一戸建て建てる際の依頼先には工務店、ハウスメーカー、設計事務所などがあります。中野区では、それぞれが一戸建て工事費の目安として坪単価いくらという表現を用いますが、最後は見積書をきちんと確認して予算を決めましょう。中野区でこの見積書は、本体工事費部分と、当初金額が確定していない別途工事費部分からなります。しかし統一した書式はなく、会社ごとに異なるので気をつけなければなりません。大まかに言って、施工先が伝統的な木造軸組工法(木の柱で家を建てる在来工法)の場合、見積書は仮設工事、木工事、内装工事、外装工事というように、部材と手間賃を積み上げる形で表示されます。一方、ハウスメーカーのように、部材の組み合わせがセットになっている規格型一戸建て住宅の場合、本体工事部分は本体工事費一式と表示され、必要に応じて内訳明細書がつく形になります。積み上げ型の見積書では、工事の分類の仕方が施工先から職人さんなどへの発注単位になり、かなり専門的です。同じ外壁まわりでも左官工事、タイル工事、塗装工事といったように分かれます。どの工事がどの項目に入っているのかをよく説明してもらい、自分に合ったグレードを選んでください。一方、本体工事一式タイプでは中身をよく確認することが大事です。中野区の規格型一戸建て住宅では、ドアや設備機器などは標準仕様とオプションがあります。自分が望んだものがどちらに当たるかをチェックしながら、工事費を調整していきましょう。