アクセスがいいエリアで一戸建てを購入しよう

女性

都心へのアクセスに優れる

住居

知っておくと良い事

東京都中野区は、新宿区や渋谷区に隣接した区でして、JR中央本線や西武新宿線、東西線などを使って簡単に都心へアクセスすることが出来ます。また都心に近いにも関わらず、公園も各地に点在していて自然が確保されているので、学生から社会人まで幅広い世代に人気のエリアです。そんな中野区で、一戸建て物件を買いたい場合は、事前に把握しておく事があります。なぜなら、路線や最寄り駅によって一戸建て用に確保出来る土地の広さや相場が変わってくるからです。中野区でも比較的一戸建て物件が買いやすい場所は、西武新宿線沿線です。杉並区に近い駅ほど、相場は下がる傾向にあります。例えば、JR中野駅を中心とした場合の相場は6000万円前後ですが、西武新宿線の都立家政駅や鷺ノ宮駅を中心とした場合は、4000万円から5000万円が相場となっております。また、JR中野駅一帯の一戸建て物件は、3階建て住宅が比較的多いのに対して、鷺ノ宮駅へ行くにつれて、比較的ゆったりした2階建て住宅を多く目にする事が出来ます。これは中野区の中でも都心へ近い場所は、比較的密集した地域が多いという事を示しております。都心へ通勤している共働きの世帯は、都心に近くて3階建て住宅を購入するケースが多いです。中野区の一戸建て住宅は、東京都内でも比較的相場が高めなので頭金はしっかり用意しておくと良いです。また、自動車を保有している世帯は、幹線道路がどのように走っているのか、事前にチェックしておきましょう。

家を持つということ

中野区に住宅を購入する際に迷われている方は、いま一度一戸建ての良さを確認してみましょう。自由度の高さや、資産価値といった様々な観点から検討するとともに、これからの自分の生活スタイルに合うかどうかを重点的に考えると、失敗を避けることができます。

家造りの夢を実現させる

中野区に一戸建てを建てる依頼先はハウスメーカー、工務店、設計事務所の3つから選びます。よい業者を選ぶため、自分達が新居でどんな暮らしをしていきたいのか、家のイメージを明確にしましょう。雑誌や住宅展示場で情報収集し、気に入った依頼先を絞り、出して貰った見積書やプランをじっくりと検討して1社を選びます。

工事費の内訳をチェック

中野区の一戸建ての見積書は統一した書式はなく、会社によって異なるの注意しましょう。見積書は木造軸組工法では積み上げ型、ハウスメーカーでは本体工事費一式タイプで必要に応じて内訳明細書が付きます。規格型住宅では標準仕様とオプションがあり、自分の家はどちらに当たるかをチェックし、工事費を調整しましょう。